DNSのAに*(ワイルドカード)を設定する時の注意点とか

サブドメインをワイルドカードにしたい時ってありますよね!
例えば example.com というドメインのDNSに
A * 192.168.1.1
アパッチのhttpd.confに
ServerAlias *.example.com
DNSにのAに* を設定するとワイルドカードとなり、
サブドメインが何でもリクエストを受ける事ができます。

例えば、ブログサービスを運営する時、
ユーザーを識別するユニークな文字列をサブドメインに設定して、
http://username.blog.jp
のようにできると、かっこいいし、きっと喜ばれますね!
アメブロを抜くことも可能。

そこに日本語ドメインを駆使すれば、
http://北斗晶.ブログ.jp とかもできます。

なんという自由度・・・・><

その場合 『北斗晶.ブログ』の部分はpunycode(ピュニコード)に変換します。
http://xn--djr834beta.xn--qckyd1c.jp
さて、注意点ですが、MXレコードの設定には注意しなくてはいけません。
ワイルドカードだし 無敵 なんて思ってると実際に痛い目にあいました。
A * 192.168.1.1
MX mail example.com.

と設定すると example.comからメールを送信すると相手によって届かない場合がありました。(多分yahooメール)

ということで
A * 192.168.1.1
A mail 192.168.1.1
MX mail example.com. 10

にするとよいかと思います。

このAにワイルドカードを設定する方法は、周りでも色んな意見がでてまして、
・SEOスパムに判定されるから駄目派。
・リクエストが正常に受けれないかもしれないから止めろ派。
・本来できないはずなので使わない方が良い派
と意見が割れています。

個人的には、
SEOスパムはコンテンツに気をつければ大丈夫派で、
MXレコードさえ気をつければ結構おもしろいんじゃないかと思ってますが、
ご利用は自己責任でどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です