memcachedのインストール

memcachedの読み方は、メムキャッシュドって読んじゃいがちですが、
正確にはメムキャッシュディーらしいです。でも、メムが言いにくいんでメンキャッシュディーで良いんじゃないかと個人的には思います。

yumでmemcachedのインストール

CentOS 5.7
PHP 5.3.3
デフォルトのレポジトリには無く、remiで発見しました。

# yum install memcached --enablerepo=remi
 
================================================================================
Package           Arch           Version                    Repository    Size
================================================================================
Installing:
memcached         x86_64         1.4.5-2.el5.remi           remi          73 k
 
Transaction Summary
================================================================================
Install       1 Package(s)
Upgrade       0 Package(s)

memcached の開始。サーバー起動時の自動起動にも設定すると良さそうです。

# /etc/rc.d/init.d/memcached start
# chkconfig memcached on

PHPで使えるようにするにはpeclのmemcacheをインストール

# pecl install memcache

/etc/php.ini に
memcache.so
を追記してhttpd再起動した後に、インストールできてるか確認する。
エラーがでてなければ使えるようになってるみたい。

# php -i | grep memcache
memcache
memcache support => enabled
memcache.allow_failover => 1 => 1
memcache.chunk_size => 8192 => 8192
memcache.default_port => 11211 => 11211
memcache.default_timeout_ms => 1000 => 1000
memcache.hash_function => crc32 => crc32
memcache.hash_strategy => standard => standard
memcache.max_failover_attempts => 20 => 20
Registered save handlers => files user memcache

PHPでの使用例

<?php
// インスタンス
$memcache = new Memcache();
 
// 接続する 11211がデフォのポートらしい
$memcache->connect('localhost', 11211) or die('memcached connect failed.');
 
// 保存
$memcache->set('key', 'hoge');
 
// ゲッツ
$get = $memcache->get('key');
 
// 切断
$memcache->close();
 
echo $get;  // hoge
?>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です