小学校の運動会でバーチャル3年生してきました。

日曜日に子どもの小学校で運動会があったので、応援にいってきました。子どもは1年生(女)と、3年生(男)です。
小学生の男子にとって足が速いという属性は、高めのステータスになるので、運動会は一大イベントですね!子どもが真剣に走ってるところを見るのは面白いです。

バーチャル◯年生

最近思うのは、子どもの行事に行くと、自分が子どもと同じ年齢になる錯覚をおこしませんか?
この錯覚を子どもが3年生なので、バーチャル3年生ということにします。

バーチャル3年生で6年生を見ると(やべーあいつ足速そう。勝てねぇな。)とか(うひょーあいつ怖そう。)と、12才の6年生が、
年上に見える錯覚をおこします。(子どもがいる人はわかってくれるはず!)

運動場の半周を走る徒競走では、上の子が2位、下の子が1位でした。
下の子はリレーの選手に選抜されて走ってました。すごい。

二人とも変な走り方だったので、フォームを変えたらもっと速くなれそうです。
「走り方変えたらもっと速く走れるよ!」と言ってみましたが、聞く耳持たずでした。
2位と1位で結果が良かったのか、調子にのってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です