GBクラブマンのベーシスト

最近またドラムを叩くことが多いですが、Jazzやバラード以外ならぼちぼちと叩けている感じです。昔取った杵柄です、完全に。

ドラマー人口はギターやベースより圧倒的に少なくて、その理由はなんといっても練習しにくいというのが理由なんですが、

ドラムの教則本には、ドラムセットを持って無くても練習はできる!
週刊少年ジャンプを重ねて置き、それを叩け!
ってことがよく書かれてました。

でもそれを初心者がやったところで全く面白くないし、なんだかなぁ・・・という感想でした。今だとYoutubeなんかを見ると練習が捗りそうです。

幸い自分の実家は1戸建てで自分の部屋があったので、そこにどこからともなく調達してきたドラムセットを置き、日々バシバシと叩いたもんです。
少しずつうまくなっていくにつれ、大きな音でるようになると、警察から苦情がきて敢え無く親ストップが掛かってしまいました。

ありがたいことに親がYAMAHAの電子ドラムがあるから買ってあげるよってことで、スネをかじらせてもらったのですが。
バシバシ叩いてると1ヶ月で壊れてしまい、後は普通の電子じゃない練習パッド化となりました。これが16〜18才ぐらいです。

20才過ぎた頃は自分で5万円のドラムセットにTAMAのアイアンコブラのツインペダルと、ハイハットスタンドをローンで買って、
暇な夜に車に乗せて外に持っていき、どこか適当なところで展開してバシバシ叩く。
という事をしてたら場所によっては警察がきて、止めて下さい。苦情でてるんで。あ、そうですか、すみません。みたいな感じで練習してました。

そこで試行錯誤した結果、ついに苦情が来ないところを見つけたんですね。

Googlemapで説明します。

それは新御堂筋の道路脇です。

中国自動車道と新御堂が交わるところで、中国自動車道の下。
つまり、新御堂です。よくわからないのでストリートビューを出します。

ここに昔は赤いポールが立ってなかったのでそこに車を止めてハザードを出してその前でやってました。
ここなら苦情は来ませんでした。とは言っても当時は2000年ぐらいでしたので、今やる方は自己責任で。

当時一緒にバンドをやってたベースに電話して、
いい場所見つけたけど来る?と声をかけると、
お~行く行く〜とそいつは言って、
ジーパンに白いTシャツとジージャンで250ccのGBクラブマンで現れて、
ベースアンプが無くて音がでてないのに雰囲気だけで一緒に練習してました。

お互い心の中では聞こえてたんでしょうね!!!!!!!!!!!!!!