ボーダーコリーを飼っている

まさか自分が犬を飼うとは思ってなかったけど、もうそろそろ1年ぐらい経つ。
この間全くブログが投稿されていなかったのは外でも無い、犬の散歩で忙しかったのだ。

昨年8月頃、2番目の子が足を痛めて手術することになった。
左膝半月板の手術だったのでリハビリが重要らしい。
そこで犬が居れば散歩に行ったり、リハビリが捗るんじゃなかろうと。

ボーダーコリーは男と女で体格が違い、男の方がでかい。大きいやつは20キロ以上になる。うちのこは女の子で小柄だったので13キロぐらいでもう成長が止まっている。だいたい柴犬ぐらいの大きさ。

ボーダーコリー、コリーのように耳が折れてるタイプと、立ち耳のタイプがあって遺伝できまる。飼う前には知らなかった事だが、賢い犬種のようで、人の言葉をいくつか聞き分けるらしい。運動神経や、作業意欲が高く、常に何かしたがっている。

Youtubeを見てみると、投げたフリスビーを空中でキャッチしたり、アジリティーを鍛えて障害物を走ったり、和歌山では災害救助的なこともやってるみたい。

オスワリや、オテ、フセ、なんかを教えてるが、オヤツでつらないとなかなかできないので、オヤツ無しでもできるように練習したい。

家ではボールを投げると取ってきてくれるので、遊び甲斐があるけど外に出ると、走ることしか興味が無いようで、ボールには見向きもせずに走り回っている。

今1才2ヶ月なので、人間で言う所の16〜17才ぐらい。もう子どもの年齢を超えてしまった。ここからは緩やかで多分6年後ぐらいに、ちょうど自分と同い年ぐらいになるようだ。
あと1年ぐらいしてもう少し落ち着いてくれるといいのだが。

子どもの手術のリハビリになればいいかなと思ったけど、
散歩中の引っ張る力が強いので、ちょっと子どもきついかもしれない。
家から出た時のリードを引っ張る力は結構強い。
ちゃんと人に着いて歩くように教えたいけどなかなか難しい。
なんせ走るのが好きみたい。

こうなりました!!