muninのグラフを初期化する

muninの画像に前のサーバーの画像が残っているので削除したい。

クラウドサーバをクローンして構築した時に、前のサーバのmuninグラフが残っていたので削除してみました。

  • centos6.5です。

muninとmunin-nodeを削除

# yum remove munin-node munin

muninの古いファイルをリネームしておく

# mv /var/www/html/munin /var/www/html/munin_backup

var/libの方にもファイルがあるのでリネームしておく

# mv /var/lib/munin /var/lib/munin_backup

再度muninのインストール

# yum install munin-node munin

グラフ生成のCRONをたたいてみる

# test -x /usr/bin/munin-cron && /usr/bin/munin-cron

エラーがでた

not a reference at /usr/share/perl5/vendor_perl/Munin/Master/Utils.pm line 866&

スタートしてなかった

# /etc/init.d/munin-node start

再度グラフ生成のCRONを叩くと初期化されたグラフが表示されました。

Munin    localhost    localhost

さくらのクラウドでディスクのクローン

さくらのクラウドサーバ使ってます。

最近のクラウドサーバで新しいサーバを作る時は、
ディスクのクローンを作成。

  • CPUやメモリを決めてサーバを作成。
  • サーバ起動。
  • 不要なユーザー削除とrootパスワード再設定。
  • yum updateを1発して完成。

というような感じのフローをとっています。メールサーバを新規に建てるのが大変で、もしハマると時間もかかっちゃいますし・・・。さくらのクラウドはVPSとクラウド間のディスクのクローンができればすごく便利になるので期待してます。

さて、さくらのクラウドを使ってるとディスクのクローンを行った場合、ネットワークに繋がってないので、コントロールパネルからコンソールにログインし、ネットワークの設定をする必要があります。

サーバーのIPが133.133.133.133と仮定した場合、下記の設定にすると動きました。

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0を変更

# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
DEVICE=eth0
HWADDR=9c:a3:ba:**:**:** ←macアドレス
NM_CONTROLLED=yes
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=static
IPADDR=133.133.133.133←IPv4アドレス
TYPE="Ethernet"
NETMASK=255.255.255.0←ネットマスク

/etc/sysconfig/networkを変更

# vi /etc/sysconfig/network
NETWORIKING=yes
NETWORIKING_IPV6=yes
GATEWAY=133.133.133.1 ←ゲートウェイ
HOSTNAME=localhost.localdomain1

/etc/resolv.conf を作成

# vi /etc/resolv.conf
nameserver 133.133.0.3 ←ネームサーバ
nameserver 133.133.0.4 ←ネームサーバ
search localdomain

これが終わったらnetworkを再起動。

# /etc/init.d/network restart
Shutting down interface eth0:                              [  OK  ]
Shutting down loopback interface:                          [  OK  ]
Bringing up loopback interface:                            [  OK  ]
Bringing up interface eth0:                                [  OK  ]

ping打ってみます。

# ping google.co.jp
PING google.co.jp (74.125.235.184) 56(84) bytes of data.
64 bytes from nrt19s12-in-f24.1e100.net (74.125.235.184): icmp_seq=1 ttl=57 time=16.8 ms
64 bytes from nrt19s12-in-f24.1e100.net (74.125.235.184): icmp_seq=2 ttl=57 time=16.5 ms
64 bytes from nrt19s12-in-f24.1e100.net (74.125.235.184): icmp_seq=3 ttl=57 time=16.5 ms

参考:さくらクラウドのネットワーク設定方法
2年前に書いた記事が役に立ちました。

apple storeの審査で初回起動時にsafariを開くとrejectされた件

itc-masthead とあるアプリを審査に出してたらリジェクト。

Reasons

10.6: Apple and our customers place a high value on simple, refined, creative, well thought through interfaces. They take more work but are worth it. Apple sets a high bar. If your user interface is complex or less than very good it may be rejected Thank you for revising your app.

10.6

We found the following issues with the user interface of your app:

After the app is launched, it opens a web page in mobile Safari first, then returns to the app. The user should be able to use the app immediately upon launch.


Resources for learning how to improve your app:

  • Review the UI Dos and Don’ts

  • Watch the video The Ingredients of Great Apps to understand the basics of great apps

  • Watch the video “Designing User Interfaces for iPhone and iPad Apps” for practical design tips

  • Read the iOS Human Interface Guidelines and double check that your app’s user interface adheres to these valuable guidelines.

  • Read the App Design Basics section of the iOS App Programming Guide.

  • Watch the iOS Development Videos to learn about programming and design tips.

アプリの初回起動時にサファリを開いて、広告の成果通知を送るのはよくないってことみたいです。初回起動にサファリを開くアプリはよくありますけど、審査時だけ開かないようにでもしているんでしょうか。

2014年5月8日追記 サーバ側の設定でサファリを開かないようにして、「開かないようにしたよ」と返信すると、無事にリリースできました。アプリのバイナリデータを再アップロードする必要もないようでした。