家を建てる土地を買いました。

2年位前から、

家を建てようと計画をしていましたが、ようやく話しがまとまり、今日住宅ローンを組みました。変動金利の35年ローンです。

悩んだんですが、

家を建てるとき不動産屋から土地を買って、工務店に建ててもらい、銀行から住宅ローンを借りるので、いろいろやりとりが大変です。
ハウスメーカーに一括してお願いすると、不動産屋や銀行とのやりとりも代理してやってくれるのでラクなんですが、
その分家の金額が高くなるので、ハウスメーカーをやめて工務店で建てることにしました。

金利は、

4年目まで0.9%。
その後10年目まで1.75%。
11年目に店頭金利を見て、期間固定するか、半年毎の変動にするか選べるようになっています。
期間固定にする場合は店頭金利から1.1%を引いた金利で固定します。ややこしいですね!

ややこしいので、

はじめは35年固定のフラット35も検討してみて、承認もおりたんですが、つなぎ融資を使う時に、
その都度登記や手数料が必要で手間がかかるのと、団信の保険料が高かったのでキャンセルして、いまの銀行にしました。
今の銀行は団信が必須で返済の中に組み込まれてます。

土地を買うときは、

土地代金以外にもいろいろ必要でした。かかったお金は、

  • 印紙代
  • 登記費用(所有権移転、抵当権設定)
  • 登録免許税
  • 司法書士への手数料
  • 不動産屋への仲介手数料

あと住宅ローン実行の保証協会に払う保証料がありました。

保証協会というのは、

保証協会というのは自分を保証してくれるわけはなく、銀行側の保証なので、自分の連帯保証人のイメージです。
ただ、自分が住宅ローンを支払えなくなった時に、保証会社が残りの債務を全額銀行へ支払うと、
自分と銀行との金銭消費貸借契約は終了しますが、保証会社へ自分の債務が残ります。
なので、今度は保証会社から返済を請求されるようになります。この金利が高くて年利9%ぐらいです。超たかい。

買った土地です。

次は着工します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です