同級生の友人が心不全で亡くなりました

最後に話したのは1週間前に1年ぶりぐらいの電話したら「仕事中やからまた折り返す」と言われて電話をきって、深夜に折り返してくれたけど、自分はもう寝てて電話に出れませんでした。まさかそれが最後になるとは・・・。電話に出て話せばよかったなと後悔してます。

その人は地元(大阪)の友人なので、もうしばらく5,6年ぐらい会ってませんでした。亡くなった知らせを友人から聞いても実感が無く、お通夜に行くと遺体になってました。

しばらく会ってなかったけども、電話すればいつでも話せるし、またそのうち会うもんだ暗黙の了解でで思ってましたが、死なれてしまうともう会えなくなります。まだ実感も無いですが・・・。

生きてる自分らは歳をとって老けていきますが、亡くなった人は若い時のままが記憶に残ります。それはそれで羨ましい反面に、どうしようもなかったりしてやるせないです。

人は生きてると、良い波の時と悪い波の時がありますが、悪い波の人は良い波の人が助けていくべきだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です